こどもの日。きょうだいの日。母の日。父の日。
あなたの笑顔で私が笑う。
私の笑顔であなたが笑う。
笑顔ってすごい。世界中に届くよ。
病気の子どもの家族を応援したい。
支える社会ごと笑顔にしたい。
だから、みんなで。
笑顔をつなげる大作戦。

#笑顔がつながる日

#SmilingFamilyDays

Smiling Family Daysとは

NPO法人キープ・ママ・スマイリングは、東京・佐賀を拠点に病気の子どもを育てるご家族を支援しています。
なかでも入院中の子どもに付き添うご家族を支援する活動に注力しており、小児病棟やファミリーハウスに滞在中のご家族への食事支援「ミールdeスマイリング事業」と、2週間以上小児病棟に泊まり込んで、子どもに付き添っているご家族への食品・物資支援「付き添い生活応援パック無償配布事業」に取り組み、2014年の設立以来、5000名を超えるご家族を支援してきました。

また、昨年より病気の子どもを育てる家族の実情や小児病棟における付き添いの現状について一般の人々にも広く知っていただき、社会課題として認識してもらうための啓発活動にも取り組んでおり、今年も母の日(5月8日)から父の日(6月19日)までの6週間にわたり「Smiling Family Days」キャンペーンを展開することといたしました。

「付き添い生活応援パック」はお子さんの入院に2週間以上の長期間泊まり込み付き添うご家族にお届けしています。


【Supporters/病児・家族のサポート団体】のコーナーでは全国の「病気の子どもとその家族を支援する団体」を掲載しています。

このキャンペーン特設サイトでは、期間内に開催する付き添い家族を応援するイベント情報【Event/イベント情報】、本キャンペーンの支援企業・店舗の情報【Smile Keepers/協賛・協力・キャンペーン応援団】を掲載しています。

このキャンペーン期間に開催されるイベントに、ふるってご参加ください。
また、本キャンペーンに賛同し、病気の子どもを育てるご家族の応援団となってチャリティ企画を実施中の企業・店舗にご来訪、あるいはホームページにアクセスしていただき、チャリティにもぜひご参加ください。

さらに【Supporters/病児・家族のサポート団体】のコーナーでは、全国各地で活動する「病気の子どもとその家族を支援する団体」に関する情報を提供しています。

小児がんを中心に診療の集約化が進む中、自宅から遠く離れた病院で治療をしなければならないお子さんと親御さんが増えています。土地勘のない場所で心細い思いをしているご家族がその地域の支援団体とつながり、何らかのサポートを受けるための情報源として利用していただくことを目的としています。

病気の子どもを育てるご家族が退院後に地域で支え合える仲間を見つけ、「おたがいさま・おかげさま」の関係性の中で安心して暮らすことができるように、その仲間づくりの第一歩として活用してもらうことも目指しています。




成長の喜びをはじめ、病気の子どもを育てる中で感じるさまざまな想いは100家族あれば100通り。みんな違って、みんないい。そして、それは普通の子育てと何ら変わりません。

けれど、病気の子どもを育てるうえでの大変さや苦労があるのもまた事実です。
入院中の子どもたち、付き添うお母さん・お父さん、そしてお家で頑張るきょうだい、そうした家族を見守り支え続けるおばあちゃん・おじいちゃんの生活、自宅で医療的ケアが必要な子どもを育てている家族の日常。
知ることで変わることがあります。

何かサポートしたいけれど、どうすればいいのかわからないとき、
応援の気持ちを乗せておいしいごはんを差し入れる、
お家で頑張るきょうだいと遊ぶ、買い物を代わりにする、
身近な小さなアクションで助けられることもたくさんあります。

この期間に、ぜひ病気の子どもを育てる家族について知ってください。
そして、あなたにできる支援について、ほんの少し考えていただけたら嬉しいです。

キャンペーン主催団体:NPO法人キープ・ママ・スマイリング